お薦め

レーシックに関する誤解

みなさんは、レーシック手術とは何かご存知ですか?
レーシックとは、視力を強制する角膜屈折矯正手術です。
90年代にアメリカを中心に知られるようになりました。

レーシックの方法は目の表面の角膜にエキシマレーザーという光を当て、角膜の曲率を変える手術です。
この手術をすることによって、角膜を矯正し、近視を補うコンタクトレンズやメガネを
使わなくても視力を保つことができるのです。

手順としては、まず専用のレーザー機器等で角膜の表側を薄く切って、
フラップ、つまりふたのようなものを作ります。
次に、角膜の表側をめくった所にある角膜実質層にエキシマレーザーという光をあて、
角膜の一部を蒸散させます。
すると、薄くなった角膜中央部で角膜の曲率が低くなり、視力を保てるようになります。
最後に先ほど切ったフラップを角膜に戻して自然吸着させます。

手術した後、1日ほどで視力が矯正され、1週間から1ヶ月程度で視力が安定してきます。
この手術で、90%以上の人が裸眼で見たときの視力が1.0以上になるようです。

レーシックを行う利点としては、視力が必要な仕事などに就くことが
できるようになるため、仕事の選択範囲が広がることや、
メガネやコンタクトレンズが不要になるので、以前行っていた面倒な手入れを
しなくて済むようになること、
メガネの使用による眼精疲労や肩こりなどがなくなるといったことがあります。
また、コンタクトレンズの感染症の心配がなくなったり、
手術した後は裸眼で生活できるので目の負担を軽減できたりします。
手術に関しては麻酔をするので痛みもなく、短時間で済み、入院の必要もありません。
こちらのサイトでも、レーシックと視力の関係についての解説があります。

しかし、レーシックを行ううえでは欠点もあります。
例えば、角膜が薄くなったため天気や体の調子などによって視力が変わりやすくなることや、
手術の失敗や術後数ヶ月は合併症がおこる可能性があること、
レーシック手術の記録があると出来ない仕事があるということです。
また、他の人からは全く分からないですが、手術したことによるきわめて細かい傷跡が残り、
夜間に光がにじんで見えたりまぶしく感じたりするハロ・グレアが現れたり、
網膜像のコントラストが低下したりします。
他にもフラップのを作成することにより角膜中心部の知覚神経が切り離されて目が乾燥することや、
夜に瞳孔が開いた際、二重像が現れたり視力が低下したりすることがあります。
レーシック治療のメリットデメリットについて詳しい解説をしているサイトもございます。

これらの様々な要素があり、レーシックに関してはよく調べてから手術を受けた方が良いと思います。