お薦め

自分はレーシックに向いている?

強度近視遠視乱視の治療で視力が良くなると言われています。
強度近視とは、かなり強い近視のことで、近視度数が−6.25D以上の高い値ことを指し、
裸眼視力で表すと0.05未満という低い値のことを指します。

強度近視遠視乱視の治療により、99.5%が 1.0以上の視力に回復していて、
ほとんどの方は、一度の手術で視力を保つことが出来ます。
長い間コンタクトを使用されている方も、現在の眼の状態に問題が無ければ、
レーシック手術を受けることが可能です。
手術後に回復し得る視力の目安は、現在眼鏡やコンタクトで見えている視力です。
また、コンタクトレンズは危険性もあると言われています。詳しくはhttp://www.pythonthreads.com/attention.html

眼鏡やコンタクトで視力が出ないほどの強度近視の場合は、レーシックを行っても視力の回復は困難な場合があります。
また、レーシック手術では角膜を専用レーザー機器を用いて削ることで近視乱視を矯正するのですが、
どれぐらい角膜を削るかというのは近視乱視度数によって決定されますので、残念ながら近視乱視度数が強く、
尚且つ角膜の厚さも少ない方は、レーシック手術の適応とはならない場合もあります。
レーシック手術でも使用する機械やレーザーの種類によって色々な種類があり、
全ての人がレーシック手術を受けられると言う訳でもないのです。
レーシック手術を受けられない方もいるのです。

ほとんどの方は、手術後は視力を保っていますが、
近視の進行は、親からの遺伝や生活環境などの様々な要因に関係しており、
レーシック手術は現時点での近視乱視を治療し良好な視力に回復ことは可能ですが、
その後の近視を完璧に保ち続けることは、残念ながら出来ません。
そのため、レーシック手術後に良好な視力に回復された場合でも、
手術後に視力が戻ってしまう可能性もあります。
ちなみに、一般的に、近視の強い方の場合の方が近視の弱い方よりも戻りやすい傾向があります。

また、99.5%が1回の手術だけで1.0以上の視力に回復していますが、
レーザーの効果には個人差があるため、
もとの近視乱視度数が強い人は、場合によっては1回目の手術でも近視乱視が残ったり、
視力の回復が不十分になったりする場合もあります。
またレーシックは芸能人でも人気だそうです。詳しくはhttp://www2.packages.jp/fg.html

このような場合、眼鏡やコンタクトレンズの装用も可能であり尚且つ、角膜の厚さなどの眼の状態に問題がなければ、 追加矯正手術により更に視力を向上することは可能です。
こちらのレーシックの保険適用と金額の解説もとても参考になりますのでご覧になってみてください。