お薦め

レーシック成功の定義

そもそもレーシックの成功とは何でしょうか。
http://www.aerconditionatieftin.com/にも書いてあるように視力が良く見えるようになったら成功という人ともいれば、視力が1.5になれば成功、
目からくる肩こりが治れば成功など、人それぞれ、成功の定義は違ってきます。
ここでは、成功とは、手術後視力が回復し、後遺症や合併症にならなかった場合のことを成功と定義します。             

こちらのサイトにレーシックが人気の理由について書いてありますのでよかったらご覧ください。
それを踏まえて言いますと、レーシックの手術は5,000人に1人の割合で失敗しているといわれています。
ただし、この数字は、後遺症や合併症などの問題が起きなかった場合の数字であり、満足指数ではありません。

満足指数については、レーシック手術後、80%の人は満足と答え、20%の人は不満があると答えています。
不満だと答えた人には、「遠くが見えるようになったけれど近くを見るのが辛くなった」などの感想があります。
こちらにレーシック手術後の見え方についてかいてありますので参考にしてください。

その解決案として、普段パソコンを利用する人は、弱めの矯正にし、
スポーツをする人は、遠くを見るために強めの矯正にするとよいでしょう。
また、手術を受ける前に医師に細かく相談して、自分に合った矯正度数を明確にしてから、レーシック手術を受けるようにしましょう。

レーシックを受けてよかった人、手術を受けて正解だったと言えるのは、いったいどういう状態のことでしょうか。
「成功」と言えるのは、何をもってすればよいのでしょうか。
何を改善したいのでしょうか。

目的をしっかりと持ちましょう。

目的もなく、ただ漠然とレーシックを受けるよりは、
「デスクワークが多いから、少し弱い目の矯正がいい」という設定を作るということでもいいでしょう。
デスクワークというのは長時間近くを見続けなければなりません。
そのため、あまりに強い矯正よりは、弱い目のほうが「本人にとって」都合がよいわけです。
それが「成功」だと言えるのです。


レーシックの正しい知識をしっかり頭に入れておきましょう。こちらのサイトhttp://www.software2have.com/も参考に是非ご覧ください。